くるるんルーム

...

需要が高まるCADのオペレーター

Written by admin on 11月 18th, 2014

コンピューターの利用は、幅広い業界で進められています。その中で、建築や工業などの分野においても、コンピューターの利用が増えてきました。特に設計図の制作においては、電子化の効果が非常に大きいです。設計図の管理は大変な手間ですが、電子化することによってその管理が簡単になります。

設計図の電子化には、CADのオペレーターのオペレーターの存在が頼もしいです。CADによる設計図制作の技術をもっていなくとも、CADオペレーターに仕事を任せることによって、設計図の電子化を行う事ができます。CADのためのソフトウェア操作には、特別な知識や経験が必要です。CADオペレーターはそうした技術に長けているため、設計図のCAD制作に大きな力になってくれます。

既存の紙の設計図もデジタルデータ化して、設計図の管理が非常に便利なものへと変わります。こうしたメリットから、これからますますCADオペレーターの需要が高まっていきます。

CADとは何か

Written by admin on 11月 18th, 2014

CADのオペレーターとはパソコンを使って図面を書く人たちを指します。

このCADとはComputea aided designの略です。

以前は手書きによる図面を書いてその図面は機械部品の図面だったりたてものの図面だったりしました。

このCADをコンピューターで2次元の図面を書くことが多かったでのすが今は3次元(立体的)にかけるようになりました。

この3次元図面は医療現場で役に立つこともあります。例えば心臓などむやみにメスをいれられないものなどです。

ガン等心臓の奥にできたものをそれにより細部の様子が以前は試作品などつくって確かめることができたのですが今は画面上に作りたいものがいろんな角度からそのもの(ガンの細部の様子など)が見ることができるようになりコストダウンにもつながることもできると期待されています。機械もちろん建築は男性の仕事と思われがちですが女性でもこのCADをつかって図面を書く人が増えています。